広島県東広島市のカーオーディオ、ドレスアップ専門店
warps

TEL:082-420-6057OPEN:10:00~20:00 CLOSE:MONDAY

ギャラリー

WagonR

今まではDIYでカーオーディオを楽しんでおられたO様のワゴンRは、これからのイベント等へのエントリーを考えてアピールの出来るオーディオを製作させていただきました。

イベントでのオーディオとはいえオーナー様の音への拘りは強く、迫力のあるサウンドを楽しみつつ女性ボーカルの曲もしっかりと聴きたいということで、フロントスピーカーにはRockfordのハイエンド2WayセパレートスピーカーT5652-Sをチョイス。

強力なストロークをするスピーカーを支えるために、ドア内部はポイントを押さえてしっかりとデッドニングを施して固定。
外から見えるアウターバッフルはイベントでのアピールも考えてLEDのパネルなども製作し、見ても聴いてもシッカリと楽しめるドアになりました。

ラゲッジスペースにはフロントスピーカーをドライブするアンプ RockfordのT600-4とサブウーファー用にT1500-1を搭載。低音域を担当するサブウーファーにはRockfordの薄型サブウーファーT1S2-10をバスレフのウーファーボックスに入れて鳴らしています。

そしてラゲッジ上部からはイベントでのアピール用にRockfordのPUNCHProシリーズを吊り下げる形で取付して、見た目全体の迫力と音の迫力向上に役立てています。

 

STREAM

これまで外装をメインでされていて、各地のイベント等でも受賞歴のあるS様のストリーム。
外装だけではなく内装でもインパクトを…そして大好きな音楽を車内で楽しみたいという事で当店でオーディオを取付させていただきました。

フロントスピーカーには厚みと迫力のあるサウンドを鳴らすためにGround Zeroをチョイス。
アウターバッフル化とともにオレンジのLEDでライティングするためのパネルを製作、内装の貼り換えにも使ったオレンジ色のレザーとスェード生地でアクセントをつけました。

今まで使っていたナビはそのままに調整機能が豊富なヘッドユニットを取付たいという事で、センターコンソール部分を加工してDEH-970を埋め込み加工。これによりフロントマルチシステムが構築でき、多彩な調整機能を思う存分使えるようになりました。

3列目のシートを残すとラゲッジが極端に狭く奥行のないストリームですが、スペースを有効的に使うことでフロントスピーカーと同じGround Zeroの10インチサブウーファーを容量をしっかりと確保。
奥行がなく狭く見えてしまいがちなので、パネルデザインやアーチ状のパネルを組み合わせ、上部に搭載したアンプの裏側を見せる取付にすることで奥行きと立体感のあるラゲッジを作ることができました。

CELSIOR

CELSIOR

MOVE

新しく購入された愛車の音を良くしたいという事から、少しづつ進化を重ねてこられたS様のMOVEです。

フロントスピーカーにはRockford Fosgateの2WayセパレートスピーカーT4652-Sをアウターバッフルを製作して取付。
スピーカー正面と奥行が狭いMOVEのドアでしたが、ミリ単位での調整で取付を可能にしました。

ツイーターはAピラーへ角度を調整して埋め込み加工。サイズの大きめなツイーターでしたが視界の妨げになることもなく
すっきりと取付することができました。

それらを鳴らすアンプとサブウーファーはラゲッジルームに搭載。イベントなどでもアピールできるように、貼り換えた内装色のオレンジと同じカラーリングで製作いたしました。もちろん音質にも拘ってサブウーファーのボックス容量もしっかりと確保して、車内でも車外でも楽しめる1台になりました。

wagonR stingray

運転中には大好きな安室奈美恵やEDMなどを聴くS様のワゴンRスティングレイは、イベントなどで元気よく鳴らすことも考慮してGround Zeroのユニットをチョイス!

フロントドアには2WayセパレートスピーカーGZUC 650SQをLEDリングが付いたアウターバッフルを製作して取付。
ドア内部をしっかりと補強してパワフルな音を鳴らしてくれます。

ツイーターは定番のAピラーへの埋込ですが、ただ埋め込むだけではなく2色の色分けとアクセントのシルバーラインでインパクトをつけています。

そしてラゲッジルームにはGround Zeroのスピーカーとサブウーファーを搭載してRockfordのアンプも搭載。
イメージカラーの赤と黒を使ってイベントでもしっかりアピールできる車になりました。
 

wagonR

足回りや外装など、出来るところは出来るだけDIYで仕上げられているS様のワゴンRは
好きな音楽を快適に聴きたい!をコンセプトにRockfordのユニットで統一!

フロントドアにはRockfordの人気スピーカーT2652-Sをアウターバッフルで取付。
伸びのある中高域と歯切れのよい低音を再生するために、ドアの内部はレアルシルトなどで防振をして
バッフルもがっちりと固定!

リアドアにアウターバッフルで取付したRockfordのM262をラゲッジにも搭載して、フロントスピーカーを鳴らすアンプと共にサブウーファーを2発取付して、車内で聴くときにもイベントで鳴らすときにも切れの良い音を鳴らしてくれるようになりました。

フロントドアとリアドア、そしてラゲッジルームも同じ白のLEDでライティングされて夜でもしっかりアピールできるようにしています。

information

これまでの製作例をご紹介します。

↑ PAGE TOP